スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブレター兼自己紹介

「明日の広告」という本の中に、広告はラブレターという表現があるらしいですね。
これ参照しました。
http://www.naotoyamamoto.jp/blog2/archives/2008/10/post-42.html


確かに上手に表現する格好いい人よりも、その他の条件や内面も含めて考えると、上手に表現するだけの人では敵わない時も往々にしてありますよね。
結婚の相手や生活必需品とかになると、その傾向も強くなるのかな、と思います。

でも、格好いい表現者はやっぱり他よりも興味を引くだろうし、その格好いい表現にそのまま乗せられるコレマタ格好いい人たちが多い、ってのも事実かと思います。
特に、若い時の恋人や嗜好品に求めるものって、格好良さと表現だったりしますね。

i-podやiphoneなどのMACの商品が人気があるのも、内面よりも格好良さが大半を占めているのかもしれないと感じます。全世界で売れているのは、内容も伴っているという証拠ですけど・・・


広告代理店が商品のブランディングや商品開発にまで関わったコンサルティングをするようになれば、今まで以上にマーケティングデータの活用などが進み、かつ新しい発想の広告展開も可能になるかもしれないですね。
内容を伴った安心を与えもする格好いい表現、できますかね?まぁ、難しいとは思いますが。

まずは「明日の広告」を読んでみよう。
スポンサーサイト

ユニクロック

UNIQLOUNIQLOCKが世界三大広告賞を受賞したそうな。

http://www.uniqlo.jp/uniqlock/

以下 ~UNIQLOリリースより引用~
ユニクロが2007年6月より、グローバル・プロモーションの一環として展開している『UNIQLOCK』が、世界三大広告賞の一つである“カンヌ国際広告祭(International Advertising Festival)”のチタニウム部門とサイバー部門でグランプリを獲得しました。  
 この受賞により、“CLIO AWARDS”のインタラクティブ部門と“One Show”のインタラク ティブ部門でのグランプリ獲得を合わせて、世界三大広告賞におけるグランプリの受賞を達成しました。


凄いですねぇ~、というよりは、何だかとても嬉しい気持ちになりました。

実はこのUNIQLOCKを初めてUNIQLOサイトで見つけた時、何となく開いてみたのですが・・・
クオリティの高さと、何ともいえない優雅さ?と、時間が間違いなく同じリズムで刻まれている、というのを実感しながら、ボーっと一時間ほど見つめていたことがあります。

そして、時々「また見たいなぁ」と思わせる力がこのUNIQLOCKにはあるようで、何度も何度も見てしまっていました。
その広告?が世界三大広告賞を総なめしたことは、とても嬉しく、かつその広告を好んでみていたのは自分だけではなかったのだな、という共感を感じています。

日本だけではなく、やはり世界中に認められるようなクオリティの高さなのですね。


ブログパーツがあったので、貼ってしまいました・・・

テーマ : 時事ニュース - ジャンル : ニュース

喫煙者向け広告

喫煙スペースに広告を・・・そんなに突飛なことでもなく、日本では公共スペースの灰皿に広告は普通にあるかな?

http://www.ashvertising.com/

そんな灰皿広告を海外で行っているらしい。ネーミングがfunnyというか、おやじギャグ的で、みんなに受け入れられそうですね。

灰皿)(ashtray)+広告(advertising)=ashvertising

単純に人が集まるところに広告を置くだけでなく、そこに集まる人は必ずタバコを吸うことがわかっているので、その人たちに購入してもらいたいと考えている企業(口臭対策ガムを売っている)などがブースを設置すると良いかもしれないですね。

テーマ : マーケティング - ジャンル : ビジネス

プロフィール

miya3net

Author:miya3net
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
フリーエリア
検索窓
AFC
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。